先日、久々に草薙球場に出かけました。お目当ては、懐かしいあの「笑顔のエース」のピッチングを見ること。お目当ては、懐かしいあの「笑顔のエース」のピッチングを見ること。
画像1: あれから10年「笑顔のエース」の今

ヤマハの大野健介投手。

2006年夏、2年生エースとして静岡商業を32年ぶりの甲子園に導き、

甲子園でも「笑顔のエース」と高校野球ファンの注目を浴びました。

その後、早稲田大を経て今は浜松の社会人野球チームヤマハで活躍しています。

この日、大野投手はJR東日本との練習試合で先発。

大野投手のピッチングを生で見るのは、高校以来およそ10年ぶり。

ワクワクしながら投球を見つめてました。

強豪JR東日本相手に大野投手は、気迫のピッチングを見せます。

5回を投げて2安打、無失点。

素晴らしいピッチングを見ることができました。

JR東日本の堀井哲也監督も「ピッチャーに必要な打者に向かっていく気迫を持っている」と

大野投手を評価していました。

「今年は先発で勝負したい」と決意を語る大野投手。

今シーズンにかける思いが伝わってきました。

ぜひ静岡の野球界を盛り上げてください!

画像2: あれから10年「笑顔のエース」の今

This article is a sponsored article by
''.