あさひテレビで行っている『読み聞かせ活動』。
幼稚園や小学校にアナウンサーが出向き、絵本の読み聞かせをしたり、一緒に遊んだり・・。

今回、その活動が新たな段階に入りました!それは・・・
『防災絵本の読み聞かせ』

いざ災害が起きた時、どのような行動をとればいいのか…
それを教えてくれる“防災絵本”を、菊川市のイベントで読んだのです。

協力してくれたのは、静岡大学教育学部・藤井ゼミ
の皆さん。

藤井ゼミでは防災教育に力を入れていて、
子供たちを怖がらせることなく『防災行動』を知ってもらおうと
防災絵本
ゲーム
などを作って広めています。

イベントでは、藤井ゼミが制作した『みずがくるぞ』
というお話を朗読。

ナレーションは橋本・宮崎で、セリフは学生さんで役割分担!

画像2: 防災絵本の読み聞かせ 始動!

紙芝居をめくる大事な役割も担ってもらいました!
このタイミングが難しいんですよねぇ。

ただ絵本を読むだけではなく、
“地震が起きた時に命を守るポーズ”
を覚えてもらうゲームもやりましたよ。
子供たち楽しそうに参加してくれました!

しっかり頭を守って…これはだんごむしのポーズですね。

画像4: 防災絵本の読み聞かせ 始動!

https://www.satv.co.jp/0400announcer/hashimoto/blog/upload/0wcv.gif

藤井ゼミの皆さんは、月に1度はこうした活動をしているそうです。
子供たちとの接し方がうまくて、色々勉強させてもらいました!

『防災絵本の読み聞かせ』は来年から本格始動の予定です!

私自身、色々勉強しながら、準備していきたいと思います。
またお知らせしますね。

画像5: 防災絵本の読み聞かせ 始動!

This article is a sponsored article by
''.