「とびっきり!土曜版」が終わったあと、静岡市内をぐるりと7時間マラニック
をしてきました!

「マラニック」とはマラソンとピクニックを合わせた造語です。
走ったり、歩いたり、途中コンビニに立ち寄り補給食を食べたりしながら約53キロの距離を移動しました。

さらにその前の週には、1キロ5分35秒ほどのペースで**50キロ走の練習!
いずれもランニングでは人生最長距離の更新です。
終わった後は足が根元からもげてしまいそうなくらいの痛みとダメージでしたが・・・(笑)

実はこれ100キロマラソン(ウルトラマラソン)完走のための練習なんです。

2月頃から全国のマラソン大会が軒並み中止となり、来月に予定されていた私のウルトラマラソン初挑戦の舞台も、なくなってしまいました。

そんな中、ランニング雑誌などによると、いま市民ランナーの間で「ひとりマラソン大会」なるものが流行っているそうなのです!

今はスマホのアプリやランニングウォッチで、簡単に自分の走った距離やペースを知ることができるため「ひとりマラソン大会」も十分可能なんです!

そんな訳で、私 伊地健治も、ひとり100キロマラソンに挑戦しようと決めました!
「コロナに負けない!」多くの市民ランナーの前向きな姿勢に背中を押されて齢50のおっさんのドキドキの決断です。
大会ではないので、水分や食べ物の補給はどうするか課題もありますが、何とか工夫しながら10時間以内のフィニッシュを目標に頑張ります。

いや~、走ることで「前向きな気持ちへの変化」を感じてきた私ですが、ついにここまで来てしまったか・・・と自分でも驚いています(笑)

それが成功した暁には市民ランナーのあこがれ「フルマラソン3時間以内のフィニッシュ」にも挑戦する所存です!

※たんぼ、タチアオイなどの写真はマラニックの途中で見つけたひとコマです。
 ランニングで季節を感じられると「コロナ疲れ」も吹き飛んでしまいます!

This article is a sponsored article by
''.