ここ1カ月間くらいハマっているものがあります。

それは…“動物ドキュメンタリー”。

色々な動画配信サービスで、ほとんど毎日観ています。

動物が生きていくために行う戦術や営みに、目が釘付けに。

例えば、体長の50倍の距離をジャンプできるハエトリグモが、自分よりも体格の大きい蜘蛛を狩るために、蜘蛛の特性を生かしたある戦術をする様子。

リカオンが持久力を活かし、獲物を追い続け疲れさせる狩りに挑む姿。

猛禽類の中で、子どもが自立するのが一番遅いオウギワシの親が子育てに励み、子どもは文字通りのジャングルジムで体を鍛えている様子……

どこかファンタジーのようにも感じるんですが、こうした動物たちは同じ地球のどこかにいて、この瞬間も、自然とともに生存競争をしていると思うと、不思議な感じがします。

皆さんも、お家にいて暇だな…と思うとき、是非観てみてください。

動物っぽい写真ということで、中野家の愛犬チャーリーです。

画像: 最近ハマっているもの

This article is a sponsored article by
''.