清水庵原球場では静岡県屈指の好投手、三島南の谷口蓮が、去年夏の甲子園出場校、静岡高校打線に真っ向勝負を挑みました。
谷口蓮投手:「やっぱり静高倒さないと、県優勝なんか入ってこないと思うんで」
 最速140キロのストレートと変化球カットボールを武器に、今大会ここまでの3試合で自責点ゼロ。谷口は去年の王者・静高を相手に、ここまでの野球生活の全てをぶつけます。
谷口蓮投手:「自分はここで、高校野球で終わるつもりです。美容師になりたいので、美容の専門学校に行きます。悔いは絶対残さないようにやりたい」
 強い思いをもってマウンドに立った谷口。その立ち上がり。2本のヒットで2アウト3塁1塁のピンチを招き、静高の5番・池田、6番・鈴木壮水に連続タイムリーを許し、3失点。早くもマウンドを譲ります。
 三島南は2回からリリーフしたキャプテンの古牧が好投。丁寧にコーナーを突き、静高に追加点を許しません。
 すると三島南は5回、2アウト2塁のチャンスをつくり、2番・植木歩夢がセンター前に運び1点を返します。
 そして6回、ノーアウト3塁のピンチに谷口が再びマウンドへ。犠牲フライで1点は失いますが、後続を打ち取り最少失点で切り抜けます。
 しかし三島南打線は6回から登板した静高のエース松本を打てず、好投手・谷口の夏は4回戦で終わりを告げました。
谷口蓮投手:「カットボールも打たれて、まっすぐも打たれて、歯が立たなかったって感じです。最後この仲間とできて本当に良かったです」
 静岡 4-1 三島南

This article is a sponsored article by
''.