画像: (聖隷クリストファーが初優勝)

(聖隷クリストファーが初優勝)

 夏の高校野球静岡大会にかわる
2020夏季静岡県高等学校野球大会は8月2日に準決勝と決勝が行われ
聖隷クリストファーが浜松開誠館との浜松勢対決を制し
見事初優勝を飾りました。

雨との戦いでもあったこの大会。
8月2日は準決勝と決勝、
異例のダブルヘッダーとなったわけですが、
県高野連の柔軟な対応によって静岡の頂点を決めることができました。
球児たちとっては甲子園にはつながらない大会ではありましたが
やはり静岡の1位を決めることができて本当に良かったと思います。
ただ、聖隷の山口主将が「後輩たちには甲子園の土を踏んでもらいたい」
と話していたことも印象的でした。
一刻も早く新型コロナウイルスが収まり
来年は観客や仲間が見守る中、甲子園をかけて戦わせてあげたいと
強く感じた夏でした。

そしてその球児たちの夏をまとめた特番「高校野球2020 それぞれの夏」を
8月9日午前10時から放送します。ぜひご覧ください。

画像: (加藤学園・勝又友則主将)

(加藤学園・勝又友則主将)

そして、まだ終わっていないのが加藤学園の夏。
来週12日、甲子園で鹿児島城西と甲子園交流試合を戦います。
新型コロナウイルスの感染拡大により中止となった
センバツから約5か月。
ついに憧れの甲子園で、高校野球生活最後の試合を戦います。
勝又主将は「ずっと目標してきた甲子園、いい状態できている」と話し、
お世話になった人たちのためにも校歌を歌いたいと
目をぎらぎらと輝かせていました。

まだ終わっていない球児たちの夏、
その戦いについても夕方の県内ニュースで放送する予定です。

This article is a sponsored article by
''.