ある夜、車を駐車場に停めて外に出ると背後から突然大きな音が!

驚いて振り向くと夜空に大輪の花!花火です!!
慌ててスマホのカメラを回しながら、つかの間の「サプライズ花火」を楽しみました。

後で調べるとこの花火は、静岡市の護国神社で毎年お盆の時期に開かれる「万灯みたま祭」の打ち上げ花火だと分かりました。今年は新型コロナの影響で夜店や盆踊りなど多くのイベントが中止となりましたが、打ち上げ花火は「実施」を決めたということです。せっかくなので翌日は祭り会場に足を運び、打ち上げ花火と幻想的な「万灯」のムードを満喫してきました。

 今年は、「いつもの夏」を味わえないことが多かっただけに貴重な「夏の思い出」となりました。

画像: 花火はわずか20秒ほどでしたが、迫力満点でした。

花火はわずか20秒ほどでしたが、迫力満点でした。

 夏の思い出と言えば、以前ブログで書いたショパン展も行ってきました。多くの芸術家に影響を与えているショパンの偉大さを実感させられるスケールの大きな展示でした。来月22日まで静岡市美術館で開催中ですので興味のある方はぜひ!

小6の息子は、展示紹介されていた漫画「ピアノの森」に興味津々(笑)

This article is a sponsored article by
''.