石田アナ:安倍総理の辞任で、次の焦点はポスト安倍、解散総選挙に移ります。ここからは県政キャップの市川記者とお伝えします。県内の政界は、この辞任をどのように受け止めたのでしょうか。
画像1: 0828yj vimeo.com

0828yj

vimeo.com

市川記者:県内の政界関係者にも大きな驚きで受け止められました。自民党の国会議員の一人は「まったく予想していなかった」と総理辞任の一報を受け止めていました。こちらに各党の県連幹事長のコメントをまとめました。

自民党県連の中沢幹事長は「体調不良なのでやむを得ない。解散総選挙になることもいつでも覚悟している」

立憲民主党県連の遠藤幹事長は「とにかく今は治療に専念して回復してもらいたい。政治空白を作らないことが大切」

国民民主党県連の岡本幹事長は「解散総選挙に合流新党が間に合うのか。国民と立憲が今のままの態勢で戦うことになるかもしれない」

市川:安倍総理は後継者を指名しませんでしたが、やはり各党の県連組織も注視しているのは、次の総裁は誰になるのか。そして、新しい自民党総裁の下で解散総選挙が行われるのかどうかです。当初、自民党内では今月の党役員人事と内閣改造を行った上で、10月末の解散総選挙が取り沙汰されていました。
 県内選出のある自民党国会議員は「新型コロナの影響でそもそも選挙は不可能だったが、安倍総理の辞任でさらに不可能になった」と話しています。
 一方、自民党県連の幹部は「ポスト安倍が誰になるかによって早期の解散もあり得る」とみています。今回の辞任を受けて見通しは一段と混とんとした状況です。

This article is a sponsored article by
''.