今月に入り交通死亡事故が増えています。
静岡市で、きのう78歳の女性が
トラックにはねられ死亡しました。
画像1: 交通死亡事故急増、6割が高齢者 静岡市清水区では横断中の78歳女性がはねられて

きのう午後5時半ごろ静岡市清水区由比の県道で
近くに住む久保田すみえさん(78)が
道路を横断中、トラックにはねられました。
久保田さんは全身を強く打ち
搬送先の病院で死亡しました。
警察によりますと、
久保田さんはゴミ捨て場にゴミを捨てた後、
横断歩道のない道路を渡って
自宅に戻るところだったということです。
県内の交通死亡事故は今月8件目で
去年の同じ時期と比べて2倍に増えています。
その6割は高齢者で歩行者と車による
事故が多発しています。
浜松市西区舘山寺町では昨夜、
道路を歩いて渡っていた86歳の男性が
軽乗用車にはねられました。
頭などを強く打ち意識不明の重体です。
事故があったのは信号や横断歩道のない県道で
男性は飲食店で食事をした後、
道路の反対側にある駐車場へ向かう途中、
車にはねられたとみられています。

画像2: 交通死亡事故急増、6割が高齢者 静岡市清水区では横断中の78歳女性がはねられて

This article is a sponsored article by
''.