静岡県島田市の仕出し屋で、調理された弁当を食べた95人が、下痢などの症状を訴えました。患者からウエルシュ菌が検出されたため、保健所は当面の間、営業禁止を命じました。
画像1: 0916hc.mp4 vimeo.com

0916hc.mp4

vimeo.com

 静岡県中部保健所によりますと、今月8日、島田市の仕出し屋「大井川」の弁当を食べた95人に、下痢などの症状が見られたため検査したところ、患者の便からウエルシュ菌が検出されました。
 保健所は、弁当が食中毒の原因とみて、「大井川」に対して、きのうから当面の間、営業禁止を命じました。患者95人は全員が快方に向かっているということです。

This article is a sponsored article by
''.