きょうは、半袖か長袖か、どちらを着ようか悩むようになって、秋の始まりを実感しはじめています。と、いうことで!この秋の楽しみを一つご紹介いたします。

先月、米国で今年1月から6月期のレコードの売上高がCDを上回ったというニュースを見ました。売上は日本円にして、約245億円に上ったということ。驚きました。

2年ほど前、歌謡曲が好きな私は、プレーヤーとLP盤を購入しました。
新型コロナウイルスの感染拡大前までは、2週間に1度はレコード店に行っていました。
大量にあるレコードを一つ一つ持ち上げて、お気に入りを見つける......
楽しくて毎回お店には1時間以上います。

私が感じるレコードの良さ......それは、基本的に家で聴くものだということです。レコードの音は家の中の生活音のひとつ...一人暮らしの私にとって、心を癒してくれる同居人のような、温かな存在です。

 新型コロナウイルスの影響で、家で音楽を楽しむことが増えたことがレコードの売上を牽引しているそう。秋にはどんな曲を流そうか、好奇心が膨らみます。

画像: 自宅のレコード。かかっているのは、カーペンターズです。

自宅のレコード。かかっているのは、カーペンターズです。

This article is a sponsored article by
''.