遅めの夏休みは、秋田県に行ってきました。

このコロナ禍で行ってもいいのか…悩みましたが、

秋田の感染状況が落ち着いていること。自分の体調を万全にすること。

車で移動し、人との接触をなるべく避けること。

自分なりに考えて、行くことを決めました。

密は避けつつも、様々なものに出会えました。

1、『なまはげ』に出会う

画像1: GOTOで出会い旅
画像2: GOTOで出会い旅

男鹿半島に入ると、あちこちでなまはげに出会えます。

見た目はとーっても怖いのですが〝厄災を祓い、豊作・豊漁・吉事をもたらす来訪神〟なんですよ。

コロナを吹き飛ばしてほしい!そんな願いを込めました。

2、『祭り』に出会う

画像3: GOTOで出会い旅

無形民俗文化財の竿灯まつり。

ずっと興味がありました!

今年夏は中止になってしまいましたが、秋田市民俗芸能伝承館で体験することができます。

この竿灯を手の平で持ったり、肩や額に乗せたり、腰で支えたりするんです!

私が持っているのは一番小さいサイズ。

それでも5キロあるそうで、全然安定しない(笑)

一番大きいもので12m・50キロだとか。

コロナが落ち着いたら妙技を生で見たいなぁと、ワクワクが高まりました。

③『秋田犬』に出会う

画像4: GOTOで出会い旅

犬、大好きなんです。

秋田県内に秋田犬と触れ合えるスポットはいくつかあるのですが

新型コロナの影響で、どこも触れ合いは中止に…。

しかし、土産物店の看板犬に出会いました!

許可を得て触らせてもらうと、これが結構しっかりした毛です。

やはり寒い土地の犬なんですねえ。

とても大人しくて、近くにいると落ち着きます。

心も温かくなりました。

秋田旅、今回はここまで!

次回は『美味しい食べ物に出会う編』をお伝えします!

This article is a sponsored article by
''.