あけましておめでとうございます。
私はきょう1月5日が仕事はじめ、
早速スポパラの取材をしてきましたよ。
あるプロ野球選手の旅立ちに迫っています、ぜひ8日のスポパラをご覧ください。

さて、社会人になってからというものの、
年末年始は基本的に働いていましたが、
今回お休みを頂いたので、静岡県内でゆっくり過ごしていました。
1月1日。
実家近くの神社にお参りに行くと、人の少なさに驚きました。
例年の10分の1以下だったと思います。
鳥居をくぐったところに大きく「新型コロナウイルス感染症早期終息祈願」と
墨で書かれた看板が印象的でした。
おそらく初詣に足を運んだ方の多くがお願いしたことではないでしょうか。
首都圏では感染拡大が続き、
いよいよ2回目の緊急事態宣言の発令かという動き。
静岡県内のもどのような影響があるのか、注視していかなければいけませんね。

様変わりした年末年始。
当たり前の日常の尊さは、節目節目で精神的にのしかかってきますね。
実家には毎年、親せきが集まってくるのですが、いつもと比べ少なかったです。

そんな中、80歳をすぎたおじさん(亡くなった祖父の弟)に初めて誘われ、
富士市内のゴルフ練習場に行きました。

画像: あけましておめでとうございます。

月に一度はコンペに行っているというマサシおじさん。
自己ベスト120が1年以上更新できず、なかなかゴルフがうまくならない私ですが、
2時間にわたって優しく指導してくれました。ちょっとコツをつかんだ気がします。
おじさん、いつまでもお元気で。
こんな世の中ですが、密かに、今年中にスコア120を切って
おじさんに報告するのが一つの目標です。

それでは2021年も、みなさま、どうぞよろしくお願いします。

This article is a sponsored article by
''.