1月12日、ノボリさんが51歳の誕生日でした!おめでとうございますー!

さて、一般的に、出会いと別れの季節といえば春を思い浮かべると思いますが、スポーツ界では冬。
今年も県内4つのJリーグクラブで退団や入団発表があり、
来たる新シーズンに向けて早速動き出しています。

まずはJ1清水エスパルスです。
昨シーズンは降格がなかったシーズンで18チーム中16位でした。
クラモフスキー氏を迎え、攻撃的なサッカーを目指しましたが結果は振るわず解任。
2021年シーズンはJ1が20チーム、自動降格4チームという、史上まれにみる大激戦の1年になる中、
エスパルスはこのオフ、超積極的な補強を敢行しました。

現役日本代表の守護神・権田をはじめ、東京オリンピック代表候補の原、
大分不動のレギュラーセンターバックの鈴木、
さらにベルギーに移籍した松原の後釜が埋まらなかった左サイドバックには
ブラジル人のウィリアム・マテウスといった実力者を獲得。
2季連続リーグ最多失点を減らすために、盤石な体制を整えました。

加えて、ポルトガルリーグで結果を出しているストライカー チアゴ・サンタナ
長身FWの指宿、J2日本人ランクトップのゴールを決めたディサロ燦と
サポーターの期待感は高まってきています。
個人的には、C大阪から加入した“片山”瑛一選手に注目します。
新監督ロティーナサッカーを熟知するユーティリティープレイヤーで
本人も新体制発表で「GK以外ならどこでもできる」と話していました。
ロングスローも投げられるので、攻守においてエスパルスに欠かせない1ピースとなりそうです。

画像: (ジュビロ磐田の新体制発表 こちらもオンラインで開催)

(ジュビロ磐田の新体制発表 こちらもオンラインで開催)

17日には、J2ジュビロ磐田の新体制発表が行われました。
元日本代表の大津選手や新外国人ファビアン・ゴンザレスら
攻撃力強化を意識した補強となりました。
補強について、首脳陣に点数を伺うと、
鈴木政一監督は「100点」、強化部長の鈴木秀人さんは「120点」と
なんとも頼もしい回答が返ってきました。

昨シーズンは、1年でのJ1復帰を掲げましたが、
連勝がほとんどなく、波に乗ることができず。
引きわけの多さも響き6位とその目標を達成することができませんでした。
しかしながら、昨シーズン途中加入ながらチームを劇的に変えた遠藤保仁選手の残留が決定
今季はキャンプから遠藤選手を中心に、クリエイティブでアグレッシブなサッカーを披露し、
冬にはみんなで昇格を分かち合いたいと思います。
何せ、今年のジュビロにはレジェンド中山雅史さんがコーチとして12年ぶりに復帰。
クラブの“変わろう”“変わりたい”という強い覚悟、気持ちが伝わってきました。
きょう18日の初練習では、中山新コーチが積極的に
コミュニケーションをとる姿が見られました。
2021年のジュビロ、期待せずにはいられません。

開幕が楽しみです。

This article is a sponsored article by
''.