牧之原市できのう、室町時代の様子を今に伝える県指定史跡・勝間田城跡の整備状況を確認しようと見学会が行われました。

見学会は、貴重な遺跡である城跡をどのように整備・活用するか考えるもので保存活動を続ける地元住民らが参加しました。

牧之原市は、今年から5年をかけて城跡と周辺の森林整備を実施していく予定です。

現在は、城跡周辺の樹木を伐採し、見学者の安全の確保や土を掘って作る堀切と、その土を積み上げて作った防御用の壁・土塁の様子がよく分かるように整備を進めています。

参加者は、市の担当者から説明を受け貴重な遺跡の整備状況を確認していました。

画像: 静岡県内 お城めぐりツア- youtu.be

静岡県内 お城めぐりツア-

youtu.be

This article is a sponsored article by
''.