こんにちは!
去年11月に「ひとりウルトラ(100㎞)マラソン」を決行してから3カ月。
またまた出場を予定していたマラソン大会が延期になってしまいまして、、、

今度は「ひとりフルマラソン」を決行することにいたしました。

画像: 去年11月、由比~浜松の「ひとりウルトラ(100㎞)マラソン」のスタート時

去年11月、由比~浜松の「ひとりウルトラ(100㎞)マラソン」のスタート時

というのも、マラソンに出場するときには、
大会の約3カ月前から徐々に練習の負荷を上げていき、
計画性をもって「スピード」と「心肺能力」を鍛えていくメニューを組むのですが、
大会が延期や中止になってしまうと、それまでの練習の成果が
「パー」になってしまうからなんです。

画像: 週に2回の「きつい(速い、長い)練習」と、その間を「ジョグ」でつなぐ日々を3カ月

週に2回の「きつい(速い、長い)練習」と、その間を「ジョグ」でつなぐ日々を3カ月

もちろん、中止や延期が決まった段階で練習メニューを戻すこともできますが、
「もったいない!!」と思いませんか!?
せっかく、ここまで寒い日も暑い日も、雨の日も雪の日も(これは嘘)、
疲れた日も悲しい日も(本当)、大会に合わせて練習してきたのに!
そうです。「もったいない」から走るんです。

「ひとりフルマラソン」の舞台は
島田市の「大井川沿いのマラソンコース・リバティ」というところです。
給水所はないので、背中に「水分」を背負って、自らタイムを計り、自己完結します!(笑)
1/31(日)朝8時ごろから、自己ベストとなる「3時間15分以内のゴール」を目標に
黙々と42.195㎞を走っているオヤジがいる、ということを、
皆さんの心の片隅に留め置いて頂けたら幸いです。

画像: 日曜日は「ひとりフルマラソン」!!

This article is a sponsored article by
''.