皆さんこんにちは!
林輝彦です。
暖かくなってきましたね!
寝るときはエアコンを付けなくなりました。
ただ花粉症と戦っています。
壮絶です、、、、

情報局のリポーターとして新型コロナの取材をして1年以上が経ちました。
県内は感染者が徐々に減っています。
油断はできませんが去年の冬に比べると落ち着いたように感じます。

静岡市の休日・祝日の人出も少しずつ増えています。

画像: (天皇誕生日の市内は暖かったこともあり、私が見た中では特に多く感じました。)

(天皇誕生日の市内は暖かったこともあり、私が見た中では特に多く感じました。)

そして先日はGOTOイートの食事券が再開になりました。
県内外から多くの観光客が訪れる静岡市清水区の海鮮丼のお店の方は
期待に胸を膨らませる一方で感染防止対策も引き続きしっかりと行うと話していました。

画像: 感染防止対策と経済活動の両立

この1年、感染防止対策と経済活動の両立の難しさは多くの人を悩ませています。
取材をしていると悲痛な声と喜びの声、皆さんの苦悩を肌で感じた1年でした。

県内の感染者は減ってきていますが、油断をするとまた感染者が増える可能性もあります。
ただ、どこのお店も感染防止対策はしっかりと行っています。
感染防止対策をしっかりと行って、楽しむ。

新型コロナとの戦いはまだ続きますが、
いつか日常に戻る日が来ると信じてこの難局を乗り越えたい。
改めて感じました。

This article is a sponsored article by
''.