10年目の3月11日、迎えてみるとやはり特別な思いが込み上げてきます。

あの日、午後2時46分、社内で揺れを感じ、地震速報の送出。すぐさまデジカメを手に自転車で静岡駅へ。鉄道は完全にストップし、駅は混乱。余震も起きて不安を抱えながら取材をしたのを覚えています。

会社に戻ると画面にはあの津波の映像が‥しばらく現実とは思えませんでした。

その2週間後に陸前高田に入り被災地を取材、がれきに埋もれた街並み、津波に破壊された沿岸部、厳しい環境の避難所、それでもたくましく前を向く地元の人たち、今も鮮明に覚えています。

あの時をメディアの一員として経験した責任感を持って、これからも防災情報を発信していきます。

今日の県内ニュースでは、石巻で被災して静岡市に避難していた夫婦の10年を振り返ります。

震災1年後に取材して以来9年ぶりのインタビュー、懐かしかったです!

画像: 藤原夫妻が毎年楽しみにしている早咲きの「美和桜」をバックに もう葉桜です

藤原夫妻が毎年楽しみにしている早咲きの「美和桜」をバックに もう葉桜です

This article is a sponsored article by
''.