須藤です。
ブログを書いているきょうは2021年3月11日。
10年前、私は中学3年でした。
卒業式を1週間後に控え
仲間との別れを寂しがったり、これから始まる高校生活を楽しみにしていたりと落ち着かない気持ちでいました。

画像: 当時中学3年

当時中学3年

いつものように友だちと帰り道を歩き、
友だちと別れて家に着き階段を上がり始めた途端、
家が大きく揺れガタガタと大きな物音に包まれました。
私が住んでいた東京・板橋区は震度5強を観測。
何が起きているのか事態が飲み込めないまま
テレビをつけると強い揺れだけではなく、さらには津波が襲いかかっている東北地方の映像。
いつも通りが、一瞬にしていつも通りでなくなってしまうことの怖さをその時感じました。

画像: あれから10年…

あれから10年が経ちましたが、
この10年は長いようであっという間に感じます。
中学3年だった私はアナウンサーになりました。
防災・減災について伝えていく仕事です。
この日に向け、災害時の避難所運営について企画を作り放送されました。
災害を他人事にしてもらいたくないという思いの一つです。企画の内容は「LOOK」にも掲載されています。
これからも風化させることなく責任もって伝えるべく取り組んでいきます。

This article is a sponsored article by
''.