東京五輪聖火リレー県内ランナーの一人、静岡市の国分遼平君(13歳)を先日取材しました。

実は遼平君の取材はこれが3回目。

1回目は、2019年12月、聖火リレーのランナーに決まった時。

小学6年の遼平君は「たくさんの人に見てもらいたい」と無邪気に抱負を語っていました。

2回目の取材は、去年3月、東京五輪の1年延期が決まった時。

中学入学を目前に控えた遼平君は「悔しい気持ちと悲しい気持ちがある」と

表情を曇らせていました。

そして3月25日、五輪聖火リレーのスタートを受け、1年ぶりに遼平君と再会。

インタビューの受け答えもすっかり大人になっていて、

「中学の先生への感謝の気持ちを込めて走りたい」と頼もしい意気込みを語ってくれました。

「五輪1年延期」の取材を通して、少年の成長を感じた気がしました。

中学2年の6月に迎える晴れ舞台、

遼平君の持つトーチに無事聖火がつながれることを心から願っています。

           ペットボトルをトーチ代わりに練習する遼平君 頑張れ!

          初取材の時(2019年12月)上の写真と比べると「成長」を感じます!

This article is a sponsored article by
''.