県外の知人に“静岡のイメージ”を聞けば、かつてはお茶、富士山、ちびまる子ちゃん
がメジャーでした。少なくとも、私が大学生になったころまではそうでした。
しかし、最近は「さわやかのハンバーグ」と答える人が増えた気がします。

今や、静岡を代表する食べ物となったさわやかのハンバーグですが、
恥ずかしながら、私が初めて食べたのは社会人になってから。
当時、福島のテレビ局に勤めていましたが、
全国ネットのテレビなどでも取り上げられる機会が増え
(長澤まさみさんが火付け役ですかね?)
さわやかのハンバーグが全国的なブームになり、

「静岡県民として、これは食べないと!」と、

静岡に帰省した際、
友人とともに、初めてさわやかを訪れました。
それが静岡インター店だったのです。

画像: (初めてのさわやかにおどろく私。2015年)

(初めてのさわやかにおどろく私。2015年)

そのさわやか静岡インター店ですが、
去年11月、店が全焼するという悲しい出来事がありました。
その日、私はジュビロ磐田の試合取材を終えて会社に戻る途中にその火事と遭遇。
取材をしましたが、思い出のある店だっただけに、
非常に複雑な心境だったことを覚えています。
けが人がいなかったことは不幸中の幸いでした。

火事のあと、更地になってしまった場所ですが、
さわやかのホームページを確認したところ、朗報が。
多くのファンから再開を望む声が寄せられたこともあって、
同じ場所に再びお店をオープンさせる、という強い意思表明が記されていたのです。

それ以降、取材の際など、さわやか静岡インター店の横を通るのが
楽しみになっていた私。
ついに、あと1週間後の5月31日に再開します。
またお店が、さわやかファンでにぎわうことを願うばかりですし、
私もその一人として、オニオンソースのげんこつハンバーグを堪能するつもりです。

画像: まもなく復活!さわやか静岡インター店

This article is a sponsored article by
''.