先日、北川さんが旬の果物・とうもろこしの「甘々娘」についてブログで書いていましたが、
私は「梅」です。

画像1: おうち時間は憧れの「梅仕事」!

2年ぶりの「梅仕事」をしました。
憧れだった「梅仕事」初挑戦の一昨年は、通販で青梅を買い、焼酎でつける「梅酒」を作りました。
2年もたつと、とてもまろやかな味わいで香りもよくなった!と感じています。

画像2: おうち時間は憧れの「梅仕事」!

そしてさらに進化したいと考えた今年は、地元・袋井産の南高梅を直売所で2キロ購入。
漬ける酒は焼酎ではなく「ブランデー」にしてみました!
へたを取って水洗いした梅の実1キロをよく拭いてから、氷砂糖と交互に瓶に入れていきます。
この作業の時に、梅のいい香りが部屋中に広がって、とても気持ちいいんです!

画像3: おうち時間は憧れの「梅仕事」!

最後にブランデーを優しく注いだら完了!
見てください。この美しい琥珀色!
最短3カ月後には飲めるようなので、秋口に秋刀魚でもつつきながら
ひとくち目を頂きたいと思います。いったいどんな味なのか、今から楽しみです!

画像: 左:今回漬けたブランデー梅酒、右:一昨年漬けた焼酎の梅酒

左:今回漬けたブランデー梅酒、右:一昨年漬けた焼酎の梅酒

そして残りの1キロは!?
「青梅の甘露煮」にしました!
白砂糖と水と一緒に、ガーゼの落し蓋をしながら弱火でコトコト40分ほど火を入れていき、

画像4: おうち時間は憧れの「梅仕事」!

柔らかくなったところで、あら熱をとって、冷蔵庫で冷やせば完成!

初夏のさわやかな甘酸っぱさを堪能しています!

画像: これは泡盛の水割りによく合います(^▽^)/

これは泡盛の水割りによく合います(^▽^)/

おうち時間こそ「旬」を感じられるひととき!
次は「らっきょう」でも漬けてみようかな?
「しそ」もいいなあ、などと考えています。

This article is a sponsored article by
''.