画像1: きょうは夏越しの祓(なごしのはらえ)

あっという間ですね!
1年の半分が今日で終わります。

6月の晦日は、半年に一度の厄払いと、この後の健康や厄除けを祈願する
「夏越しの祓(なごしのはらえ)」が、県内でも各地の神社でおこなわれています。

「なごしのはらえ」
とても美しい日本語ですよね。
職業柄、こうした伝統行事や「ことば」には敏感でいたいものです。

画像2: きょうは夏越しの祓(なごしのはらえ)

私も静岡市の「おせんげんさん」(静岡浅間神社)に行って
朝から「夏越しの祓ラン」をしてきました!

画像3: きょうは夏越しの祓(なごしのはらえ)

壮麗な楼門前に設置されていたのは「茅の輪くぐり」!

「水無月の 夏越の祓えする人は ちとせの命 のぶというなり」「祓い給ひ 清め給へ」と唱えながら
8の字に回りながら、茅の輪をくぐります。

画像4: きょうは夏越しの祓(なごしのはらえ)

茅の輪をくぐることで、病気や災いを免れることができるとされている大切な節目の行事ですが、
私もずいぶん、こうした伝統行事から遠のいていました。
茅の輪くぐりを終えると、心も体もなんだかとてもスッキリしました!
明日への活力が湧いてきます!

画像5: きょうは夏越しの祓(なごしのはらえ)
画像: 6月の月間走行距離は237㎞。この半年では1458㎞でした!

6月の月間走行距離は237㎞。この半年では1458㎞でした!

画像: ついでに!3時のおやつに、 京都では「夏越しの祓」で食べる習慣があるという「水無月」も頂きました!

ついでに!3時のおやつに、
京都では「夏越しの祓」で食べる習慣があるという「水無月」も頂きました!

This article is a sponsored article by
''.