歴史上はじめて、オリンピックの舞台になった静岡県。
静岡県で行われた「自転車競技」をテレビやインターネットで観戦して、夢中になった人も多かったと思います。

私もその一人でした!

特に、東京から静岡までロードバイクで約250㎞を5~6時間かけて走破する、
ロードレースのインターネット中継に、私は引き込まれました!
実は私も最近、ロードバイクに乗り始めたからなんです。

カーボン素材で出来ていて、重量6~8㎏程と片手で持ち上げられるほど軽く、
競技での最高時速は下り坂で100キロにも達するというロードバイクは、
まるで最新鋭の戦闘機のよう。
当初は自分のランニングの補完トレーニングとして取り入れたバイクでしたが、
その行動範囲の広がりと、まるで旅行気分のようなサイクリングの魅力にハマりつつあります!

画像2: 「ラン」もいいけど「バイク」もね!

ちょっとそこまで、
という感覚で、50㎞とか100㎞とか走ることができるロードバイク。
出勤前に市内の渓流に出かけて水浴びをしてくる、、、なんてことも
現実となりました!笑

画像: 静岡市中心部からロードバイクで30分の秘密のダイビングスポット!

静岡市中心部からロードバイクで30分の秘密のダイビングスポット!

「コロナ禍で自転車の売り上げが伸びている」と以前、番組でも取材しましたが、
通勤通学だけで自転車を使うのではなく、コロナ禍での健康維持のために、
サイクリングをする人は多いのではないでしょうか。

コロナ禍で、できなくなったことも多いかもしれませんが、
この状況を逆手にとって、「いま楽しめることってどんなこと?」を
追及するのもまた一興。
別に人と一緒に居なくたって、一人でだって楽しめることはたくさ~んあります。
全国に誇れる自然豊かな静岡県の魅力を、今こそ見つけてみてはいかがでしょうか。

画像4: 「ラン」もいいけど「バイク」もね!

いつか静岡県のすべての市町を自転車で巡ってみたいと思う今日この頃です!笑

This article is a sponsored article by
''.