「みずがくるぞ」というこの絵本。

作ったのは、防災教育に取り組んでいる静岡大学藤井基貴研究室の学生です。

画像: 津波から命を守るためにどうすればいいのかを教えてくれる絵本です

津波から命を守るためにどうすればいいのかを教えてくれる絵本です

静岡朝日テレビでは、2017年から藤井研究室と一緒に県内の小学校などで「防災絵本読み聞かせ」をしています。

(今は、コロナ禍で募集を停止していますが・・・)

この写真は、2017年11月、橋本アナと当時新人の宮﨑アナが学生と一緒に行ったイベントです。

画像: 青空の下での読み聞かせ 楽しいイベントでした

青空の下での読み聞かせ 楽しいイベントでした

その藤井研究室が、今、取り組んでいるのが「BOSAIを世界へ」。

自分たちが作った防災教育の教材を世界中に発信しようとしているのです。

先日、藤井先生から

「絵本をスペイン語版にしてエクアドルに提供しました」と連絡が入りました。

何ともワールドワイドで壮大なプロジェクトです。

実はこの取り組みは、3月に開催された「大学SDGs Action Award 2021」で高い評価を得て、「グランプリ」と「オーディエンス賞」を受賞しています。

画像: 授賞式の様子 藤井研究室はこれまでも防災分野で数々の賞を受賞しています

授賞式の様子 藤井研究室はこれまでも防災分野で数々の賞を受賞しています

今後は、インドネシアやトルコにも提供する計画だそうです。

きょうは「防災の日」。

コロナ禍で各地の訓練が中止になるなど、出来ることは制限されていますが、そんな中でも新たな挑戦を続ける大学生たち。

私たちも、「伝え手」として頑張らなければ・・・。

This article is a sponsored article by
''.