サッカー日本代表が窮地に立たされています。

きょうのオーストラリア戦に勝たなければ、来年のカタールW杯出場は、

さらに厳しい状況となります。

思い出したのが、1997年、フランスW杯のアジア最終予選。

あの時も苦しい戦いが続き、W杯出場は絶望的な状況にまで追い込まれました。。

メディアはかなり厳しい論調となり、あきらめムードも漂い始めていた記憶があります。

しかし、選手たちは意地を見せました。

瀬戸際で耐え、這い上がり「ジョホールバルの歓喜」へとつなげたのです。

あの時、「信じて応援し続けなければいけない」と強く感じました。

今の代表スタッフにはあの時のメンバーが二人います。

斉藤俊秀A代表コーチと川口能活U24GKコーチ。

二人ともサッカー王国静岡が生んだ「レジェンド」です!

きっと選手たちに「あの時の戦う気持ち」を植え付けてくれるでしょう。

今夜も信じて応援します!

画像: 2001年完成したエコパの前で「頑張れ!ニッポン!!」

2001年完成したエコパの前で「頑張れ!ニッポン!!」

This article is a sponsored article by
''.