あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

この年末年始は、きょう新年1回目の放送となるスポパラにむけて、
スポーツ関連の取材をしていました。
なかなかシーズン中は忙しいアスリートも、年末年始は地元に帰ってきたり
社会貢献活動やサッカー教室、野球教室といったイベントを精力的にされている方が多いので
あいさつも兼ねながら取材をしてきました。

さて、きょう1月7日は朝から清水エスパルスのクラブハウスに行き
日本代表の守護神でもある権田修一選手にインタビューしてきました。
昨シーズン、リーグ戦全試合でゴールマウスを守り、
キャプテンとしても獅子奮迅の活躍をしてくれた権田選手。
ポルトガルのチームから期限付き移籍という形で昨シーズンはエスパルスに加わっていたので
去就が注目されていましたが、無事、完全移籍というでエスパルスに残ってくれました。
その想いを、スポパラのインタビューでは熱く語ってくれています。
エスパルスが上位にいくために、間違いなく必要な選手ですし、
今年は冬にカタールでワールドカップが開催されます。
日本代表の守護神としても残りの最終予選4試合をなんとしても勝ち抜いてもらい
権田選手自身の目標である「ワールドカップのピッチに立つ」ことを是非ともエスパルスの選手として実現してもらいたいと思います。今夜のスポパラ、ぜひご覧ください。

そして、エスパルスでは寂しい別れも…。
10年間プレーしたMF河井陽介選手が、J2ファジアーノ岡山に移籍することが決定。
岡山に引っ越す直前、静岡朝日テレビにあいさつに来てくれました。

画像: 2022年がスタート‼楽しみなJリーグ、W杯イヤーです。

エスパルスで200試合以上、中盤はどのポジションもこなし、
清水のバンディエラとして輝き続けた河井選手。
個人的には、藤枝東高校で10番を背負って全国高校サッカー選手権で準優勝したときから見ていた
思い入れの強い選手です。
まだまだ「サッカーがしたい」と、
移籍を決断した河井選手の挑戦を、私も応援していきます。
スポパラではエスパルスのサポーターの皆さんに向けてメッセージももらいました。
きょうOAです。

最後になりますが、今年もスポパラはサポーター目線で、
そしてアスリートに寄り添った番組を作っていきます。
本年も、よろしくお願いいたします。

This article is a sponsored article by
''.