今回紹介するお店は、静岡・浜松市南区卸本町にある「LOBO DE MAR OTANI (ロボデマル・オオタニ)」。
画像1: 南米ペルーの郷土料理「ロモ・サルタド」「セビチェ・ミクスト」はご存じですか?

ペルー出身のシェフが営む本格的なペルー料理のお店です。お店の名前「ロボデマル」とは、ペルーで人気の観光地にいる動物「アザラシ」のこと。(観光地のように)皆が訪れてくれるように、という願いを込めて命名したそう。

画像2: 南米ペルーの郷土料理「ロモ・サルタド」「セビチェ・ミクスト」はご存じですか?

日本人のお客さんに人気があるというのが、牛のランプ肉と野菜の炒め物「ロモ・サルタド」。牛ランプ肉とタマネギ、トマトなどの野菜を炒め、醤油と酢、オイスターソースなどを使った自家製ソースで味付けします。

画像3: 南米ペルーの郷土料理「ロモ・サルタド」「セビチェ・ミクスト」はご存じですか?

ご飯がすすむ1品ですよ。日系人が多いペルーでは醤油など日本の調味料がよく使われるんだそう。ロモ・サルタドも、とってもなじみやすい味わいです。

画像4: 南米ペルーの郷土料理「ロモ・サルタド」「セビチェ・ミクスト」はご存じですか?

魚介を使ったペルーの名物料理が「セビチェ・ミクスト」。魚やイカ、エビ、タコなどのシーフードをレモンでマリネし、塩コショウ、ペルーの唐辛子で味付けます。

画像5: 南米ペルーの郷土料理「ロモ・サルタド」「セビチェ・ミクスト」はご存じですか?

ペルーコーンと呼ばれる大粒のトウモロコシが添えられていて、お酒のお供としても親しまれていますよ。

画像6: 南米ペルーの郷土料理「ロモ・サルタド」「セビチェ・ミクスト」はご存じですか?

華やかな彩りのこちらは、マッシュしたジャガイモでチキンやアボカドを挟んだ「カウサ」という料理。マッシュしたジャガイモは、ペルーの黄色い唐辛子とレモン、塩などを使って味付け。レモンの酸味が効いたジャガイモは癖になる味わいです。

「ロボデマル・オオタニ」で、本格的だけど親しみやすい南米ペルーの味を堪能してみてはいかがでしょうか。

===
静岡県浜松市南区卸本町45-1
TEL:053-581-7551
営業時間:火・水・木 11:00~16:00、金 11:00~16:00・17:30~21:00、土・日 11:00~21:00 ※まん延防止期間中
定休日:月曜日
===

画像: 日本人が親しみやすい、南米ペルーの郷土料理★☆ www.youtube.com

日本人が親しみやすい、南米ペルーの郷土料理★☆

www.youtube.com

※掲載している情報は、放送当時のものです。営業時間、価格等掲載内容は変更されている場合があります。

This article is a sponsored article by
''.