今回紹介するお店は、静岡・磐田市岩井にある「うまみ処六番」。
画像1: 看板メニューはウナギではなく“和牛”のひつまぶし! 口の中で甘みとう旨みが広がります

旬の地元食材を使った料理が味わえるお店。

画像2: 看板メニューはウナギではなく“和牛”のひつまぶし! 口の中で甘みとう旨みが広がります

店内は明るく開放的。犬と一緒に入れるテラス席もあります。

画像3: 看板メニューはウナギではなく“和牛”のひつまぶし! 口の中で甘みとう旨みが広がります

『静岡県内でとれた肉や野菜を使って、和風だしをいかした料理をメインに出すようにしています。』そう話すのは代表の伊藤さん。オープンからまもなく4年。近頃では、お客さんが近くの畑で育てた野菜を提供してくれるのだとか。

画像4: 看板メニューはウナギではなく“和牛”のひつまぶし! 口の中で甘みとう旨みが広がります

とれたて野菜で作った総菜が1つのお膳にのったランチメニューが「季節のお膳」。総菜は毎日7~8種類。この日は、春菊の白和えに、五目ひじき煮、きんぴらごぼう、鶏の照り焼きなど。仕入れによって内容が変わるので、いつ行っても違うラインナップが味わえます。

画像5: 看板メニューはウナギではなく“和牛”のひつまぶし! 口の中で甘みとう旨みが広がります

そして、看板メニューは「和牛のひつまぶし」。静岡のブランド牛「静岡そだち」の三角バラを使用。だしと和牛の脂の甘みをより感じてもらうため、脂の多い部位を使っています。

画像6: 看板メニューはウナギではなく“和牛”のひつまぶし! 口の中で甘みとう旨みが広がります

すき焼き風の甘辛の割り下がかかったお肉、まずはそのままでいただきます。口の中で脂がとろけ、甘さとうまみが広がります。

画像7: 看板メニューはウナギではなく“和牛”のひつまぶし! 口の中で甘みとう旨みが広がります

続いて、鰹節や昆布など4種類からとったアツアツのお出汁をかけていただきます。香り豊かな出汁が、「静岡そだち」のおいしさを一層引き立てます。

画像8: 看板メニューはウナギではなく“和牛”のひつまぶし! 口の中で甘みとう旨みが広がります

そしてテイクアウトメニューも人気。下のご飯が見えないくらいに総菜がたっぷり乗った「のり弁」は、ボリューム満点です!

地元の食材を存分に味わえるお店、「うまみ処 六番」。味わってみてはいかがでしょうか。

===
住所:静岡県磐田市岩井3164-2
TEL:0538-84-7006
営業時間:11:30~14:30、17:30~22:00
定休日: 月曜日・火曜日
===

画像: 地元食材をふんだんに!和牛ひつまぶし★☆ www.youtube.com

地元食材をふんだんに!和牛ひつまぶし★☆

www.youtube.com

※掲載している情報は、放送当時のものです。営業時間、価格等掲載内容は変更されている場合があります。

This article is a sponsored article by
''.