新型コロナで2つのクラスターが発生した浜松市は、市民に注意を呼び掛けるため、浜松城のライトアップを始めました。

 新型コロナで2つのクラスターが発生した浜松市は、市民に注意を呼び掛けるため、浜松城のライトアップを始めました。

友光晃希記者:「連日感染者が出ている浜松市では、きょうから浜松城を黄色くライトアップして、市民に警戒を呼び掛けています」

 昨夜から始まった浜松城のライトアップは、午後6時半から10時までで市内の1日当たりの新規感染者数5人未満が2週間継続するまで毎日続けられます。

浜松市民の男性:「ここ数日コロナがはやっているので、こういうので注意喚起できていいと思う。もう一回気を引き締めてやっていきたい」

浜松市民の男性:「これによって、大勢の人が関心を持ってもらって、抑えるのに協力していただきたいと思っている。できたらこれ以上浜松少しでも増えないようにしていただきたい」

 市は今後の感染状況に応じて、ライトアップの色を変更することも検討している、ということです。

画像: 浜松市内の新規感染者5人未満が2週間続くまで実施…浜松城ライトアップ 感染状況によって色を変えることも検討

This article is a sponsored article by
''.