同僚の財布から現金を盗んだとして航空自衛隊の30代の男性隊員が懲戒処分を受けました。
画像1: 0730ha vimeo.com

0730ha

vimeo.com

 きのう付けで懲戒免職となったのは、浜松基地に所属する航空自衛隊第1術科学校の30代の男性3等空曹です。
 航空自衛隊浜松基地によりますと、男性空曹は、去年5月から12月の間基地内のロッカーで同僚隊員4人の財布から10回にわたりあわせて現金およそ11万円を盗んだとされています。男性空曹は聞き取りに対し「借金の返済のため金が必要だった」と話しているということです。

This article is a sponsored article by
''.