新型コロナウイルスへの注意が呼びかけられる中、静岡県内では新たに9人の感染が判明しました。浜松市ではスポーツジムを利用した人の感染が確認されました。
画像1: 0806ylc vimeo.com

0806ylc

vimeo.com

 浜松市は81人のPCR検査を実施し、5人が「陽性」だったと明らかにしました。そのうちの1人、50代の女性会社員は東区上西町にあるスポーツジム「ゼクシス浜松」の講座を利用していました。ジムでは利用者を把握していないことから、市は8月1日に講座を受けた人は浜松市保健所・生活衛生課に電話するよう呼びかけています。
 他の4人の感染者は、このジムと関係はありません。
 静岡県は3人の感染者を発表しました。そのうちの2人、小山町に滞在している20代の男性自衛隊員と60代無職の女性は、感染経路がわかっていません。
 もう1人の東部保健所管内に住む感染者は、すでに感染が判明し、先月25日から26日にかけて県東部で会っていた県外の知人から感染したとみられています。
 静岡市では新たに1人の感染者です。市は、あす以降、詳細を説明する予定です。
 また、きのう感染を明らかにした2人は、20代の男子学生と10代後半の男性アルバイトと発表しました。いずれも感染経路は調査中です。

This article is a sponsored article by
''.