新型コロナの感染が再び拡大する中、お盆にに帰省するのかしないのか、静岡の街の人も複雑な思いを抱えているようです。
画像: 感染拡大の中、どうする帰省 静岡の街の声は…

静岡市

 新型コロナの感染が再び拡大する中、お盆にに帰省するのかしないのか、静岡の街の人も複雑な思いを抱えているようです。 (長野県に帰省予定だった)焼津市民30代
 実家は長野で、帰るつもりでしたけど、おじいちゃんが高齢なので、何かあったらということで帰りません。

(兵庫県に娘がいる)静岡市民50代
 本当だったら(兵庫から)来てほしかったんですけど、来ることができないので、私が(兵庫に)行こうと思っています。まだ(娘の)子どもが小さいので、心配なので、私が行くことにしました。向こうに行ったら外には行かず、閉じた世界の中で過ごそうと思っています。

(兵庫県に息子がいる)焼津市民60代
 息子が兵庫県の方にいるんですが、こういう状況なので、今回もちょっと帰れなくて、もう1年以上会ってない。本人たちも気まずいんじゃないですかね。他県の車が入ってくると白い目で見られるから。

(横浜市の息子がいる)静岡市民70代
 息子夫婦が横浜にいるもので、帰ろうと思ったんですが、連絡とったら息子夫婦も心配して、今年は帰ってこなくていいよと。

(東京都に息子がいる)藤枝市民60代
 こういう状況じゃなければ帰ってくる予定だったんですけど、東京ですからね。

This article is a sponsored article by
''.