浜松市ではきのう公表した感染者が利用してたジムの講座に、74人が参加していたことがわかりました。
画像1: 0807yB vimeo.com

0807yB

vimeo.com

 浜松市は59人のPCR検査をした結果、1人が「陽性」だったと
発表しました。
 感染が判明したのは中区の40代男性で、先月クラスターが発生したラウンジ「ブリリア」の関係者でした。
 また、きのう感染を公表した女性会社員(50代)が参加していた
スポーツジム「ゼクシス浜松」の講座を74人が利用していたと明らかにしました。全員にPCR検査をする方針で、今月1日にこのジムの講座に参加した人は浜松市保健所生活衛生課に連絡するよう呼びかけています。

This article is a sponsored article by
''.