浜松市で路上にコンクリートブロックを置いた罪などに問われている男の初公判が開かれ、男は起訴内容の一部を否認しました。
画像: 浜松市 去年7月

浜松市 去年7月

 浜松市で路上にコンクリートブロックを置いた罪などに問われている男の初公判が開かれ、男は起訴内容の一部を否認しました。  起訴状などによりますと、浜松市に住む無職の男(46)は、去年7月から8月にかけ、合わせて3回、当時12歳の息子と共謀して、路上にコンクリートブロックなどを置いた罪などに問われています。
 きょう地裁浜松支部で開かれた初公判で、男は1件については起訴内容を認めましたが、残りについては「息子が本当にやると思っていなかった」などとと話し、起訴内容を否認しました。
 冒頭陳述で検察側は「被告人と息子は道路に何かを置くつもりで現場に向かった」などとと指摘。
 一方、弁護側は「被告人は置き石はやめた方がいいと話したが、息子が被告人に対する反発心から実行した」として無罪を求めました。

This article is a sponsored article by
''.