新しく着任した県警本部長が会見を開き「災害対策に万全を期したい」と意気込みを語りました。
画像1: 0810hB vimeo.com

0810hB

vimeo.com

 6日付けで県警本部長に着任したのは、元大阪府警副本部長の山本和毅警視監(55)です。山本本部長は、東京大学法学部を卒業し1989年に警察庁に入庁、青森や群馬で県警本部長を歴任しています。会見では「静岡は自然が豊かで文化、スポーツともに県全体が発展している」と印象を語りました。
 また、およそ2年間県警本部長を務めた小嶋典明警視監(55)は離任会見を開き、在任中のラグビーワールドカップについて「安全に大会を開催することができた」と語りました。

This article is a sponsored article by
''.