静岡県伊東市の動物園では珍しいサルの赤ちゃんが誕生し、来園者の人気を集めています。

伊東市の伊豆シャボテン動物公園で人気を集めているのが、大きな目が特徴のワオキツネザル。ワオキツネザルは、アフリカのマダガスカル島南部に生息するキツネザル科の仲間で、黒と白の帯が交互に重なり、輪のように見える長い尻尾が特徴です。園内では現在36匹が飼育され、今年は6匹の赤ちゃんが誕生しました。
 普段はつかまっている母親の背中から下りて餌をもらう姿がかわいいと評判になっています。

画像: 伊豆シャボテン公園で来場者の人気を集めているワオキツネザルの赤ちゃん(左)

伊豆シャボテン公園で来場者の人気を集めているワオキツネザルの赤ちゃん(左)

This article is a sponsored article by
''.