静岡県警下田警察署は10日、東伊豆町で酒気帯び運転をした疑いで、47歳の自称・建設作業員の男を現行犯逮捕しました。
画像: 下田警察署

下田警察署

 下田署によりますと、地元の人から「港でいつも酒を飲んでいる男がいる。飲んだ後、車を運転している」といった趣旨の通報がありました。10日も、この男がまた港で酒を飲んでいる、という情報があり、港に急行した署員が男を確認、張り込みを続けました。そして、男が車を運転したため、車を停止させて職務質問すると、男からアルコールのにおいがしたということです。検査の結果、呼気1リットル当たり、基準の3倍に当たる0.45ミリグラムのアルコールが検出され、男は現行犯逮捕されました。

This article is a sponsored article by
''.