静岡県は、主に接待を伴う飲食店を夜間に巡回し、新型コロナの感染対策を呼びかけています。
画像1: 0812hc vimeo.com

0812hc

vimeo.com

 新型コロナの感染が広がっていることから、県は3日からカラオケ店や主に接待を伴う飲食店を訪れ、対策をとるよう呼びかけています。
 例年、この時期に行われる食中毒防止のための監視活動にあわせ、多くの店が営業している夜間に啓発活動を行うことになりました。
 昨夜は、県や東部保健所の職員らが三島市内のスナックを訪れ、3密を避けるために座席の間隔をあけたり、定員を減らすことや施設をこまめに消毒することなどを呼びかけました。
 県は対象となる約700店舗を今月末までに巡回する予定です。

This article is a sponsored article by
''.