伊東市の富戸漁港では地元の子どもたちが磯遊びを体験しました。
画像1: 0812YG vimeo.com

0812YG

vimeo.com

 磯遊びに参加したのは、地元の小学生ら80人です。参加者は、最初に付近で取れる魚や磯での注意事項について説明を受けると、早速海へ。シュノーケルやフィンを着けて潜っていきます。
 水面に上がった子どもたちが手にしているのは、漁協関係者があらかじめまいておいたサザエ。子どもたちは、用意されたサザエ90キロを次々と拾い上げていました。このサザエは、お土産として家に持ち帰ったということです。

This article is a sponsored article by
''.