静岡市は5日連続で35℃を超える猛暑日となりました。観測を始めて80年で初めてのことです。
画像1: 0813yA vimeo.com

0813yA

vimeo.com

 静岡地方気象台から「高温注意情報」が出される暑さ。県内に18ある観測地のうち半分で35℃を超えました。静岡市では1940年の観測開始以降初めて5日連続の猛暑日です。肌を刺すような日差しに息苦しくなる熱風。少しでも暑さを避けようとするのは人間だけではないようです。
 静岡市にある犬と川遊びが楽しめるこちらの施設では、愛犬と一緒に猛暑から逃れようとする人たちがいました。
富士市の女性
「この子をなるべく涼しい所で過ごさせてあげたいなと思って。ゴールデン
 がこんなにたくさん会えるのもたぶん初めてだと思うので、本人も楽しい
 んじゃないですかね」
静岡市の娘と父親
娘「いつもは動いているけど、水に入ると動かなくなる」
父親「なんでかな。あんまり水が得意じゃないのかな。今年やっと犬をずっと飼いたかったので飼えて、連れてきたかった。やっと念願叶った」
 例年、この時期に4割を占める首都圏からの利用客は、新型コロナ感染拡大で大幅に減少。代わりに増えているのが県内から初めて利用する人たち。
お盆期間は普段のおよそ5倍に増えているといいます。利用客は愛犬と夏の思い出を作っていました。
永野眞宏さん
「川遊びができるので、お客さんが結構きてくれて嬉しい悲鳴ですね。ワンちゃんを第一優先ですから僕らは。ワンちゃんが楽しんでもらって、オーナーさんも楽しんでもらえれば」
 あすも県内は猛暑日となる予想です。屋外で日差しを避けたりこまめに水分を補給したりして熱中症に十分注意してください。

This article is a sponsored article by
''.