この暑さで海や川に遊びに行く人が増える中、注意が必要なのが水難事故です。静岡県や消防などは注意を呼びかけています。
画像1: 0814yc vimeo.com

0814yc

vimeo.com

静岡市では、きのう小学1年生の女の子が川で流されました。地元の小学生に救助され、命に別状はありませんでした。この時期は水難事故が多いことから、県や地元の消防は海水浴客らにチラシを配り、事故があった場合は118番通報することや海岸に打ち寄せた波が沖に戻ろうとする時に発生する強い流れ「離岸流」への注意を呼びかけました。
静岡県西部地域局 危機管理課 土屋彩香技師:「今年度は新型コロナの影響で、海水浴場を閉鎖している場所が非常に多い。そういう中では、ライフセーバーもいないので、より事故が増えているのではないかというところで、全国的にも水難事故が多発している状況なので、パトロールを企画した」
 県内では今月、5人が死亡するなど17件の水難事故が起きています。県は伊豆地域に水難事故多発警報が出ています。

This article is a sponsored article by
''.