この暑さを少しでも和らげようと、静岡県三島市の三島スカイウォークでは、ミストが出るヒマワリが来場者を迎えています。
画像1: 0814yb vimeo.com

0814yb

vimeo.com

 三島市の吊り橋「三島スカイウォーク」。歩行者専用としては日本一長い全長400メートルです。
 その入り口に置かれているのが、夏を象徴する花・ヒマワリ。花の中心からは涼しげなミストが。実はこのヒマワリ、本物そっくりの造花です。熱中症対策として、入り口のほか、吊り橋の先にも合わせて40本置かれています。
男の子:「水があたって、ひんやりして、気持ちよかった」
男の子:「涼しい感じ」
子どもたちはミストに包まれ、暑くなった体を冷やしていました。
三島スカイウォーク 広報 野田依利さん:「小さい子どもや若い女性に人気で、写真スポットにもなるので、とても人気がある。ミストがついていない時でも、ヒマワリなので夏らしさを感じる」
 暑くなるとミストが出るヒマワリは、暑さが過ぎ去る10月上旬頃まで来場者を癒します。

This article is a sponsored article by
''.