厳しい暑さが続く中、きのう16日、静岡県内では水難事故が相次ぎ、男性2人が死亡しました。

 きのう午後4時ごろ、熱海市上多賀の長浜海水浴場で、友人と遊びに来ていた神奈川県川崎市の58歳の男性が、岸から65メートルほど離れた場所で浮いているのが見つかりました。男性は病院に搬送されましたが、死亡が確認されました。

 また、きのう午前11時20分ごろ、下田市白浜の海岸で、家族と海水浴に来ていた神奈川県川崎市の81歳の画家の男性が仰向けで浮いているのを、近くにいた海水浴客が発見しました。男性は病院に搬送されましたが、1時間後に死亡が確認されました。

 静岡県では東部を中心に水難事故が相次いでおり、県は伊豆地域に水難事故多発警報を発表し、注意を呼び掛けています。

画像: 静岡県内では水難事故が相次いでいる

静岡県内では水難事故が相次いでいる

This article is a sponsored article by
''.