静岡県内は17日も朝から強い日差しが降り注いでいます。先ほど、浜松で40度を観測するなど猛暑日となっている所もあり、熱中症に注意が必要です。
画像1: 0817ha vimeo.com

0817ha

vimeo.com

 静岡県内は17日も朝から強い日差しが降り注いでいます。先ほど、浜松で40度を観測するなど猛暑日となっている所もあり、熱中症に注意が必要です。
 きょうの県内は高気圧に覆われて、朝から晴れています。午前11時までの最高気温は天竜で38.2度、浜松で38.1度、静岡で33.5度まで上がっています。
 このあと午後にかけて気温が上がり、35度以上の猛暑日となる所が多くなる見込みです。
 静岡地方気象台は高温注意情報を発表し、暑さに注意を呼び掛けています。
 また、きのう天竜では最高気温40.9度を観測し、県内の最高気温記録を更新しました。
 この気温は全国でも観測史上、5番目に高い記録です。浜松でも40.2度を観測し、観測史上初めて40度を超えました。
 きょうも県西部では、気温が40度に迫る暑さとなる所がある見込みで、炎天下を避けるなど、最大限の暑さ対策が必要です。

This article is a sponsored article by
''.