ジェフユナイテッド千葉をホームに迎えたジュビロ磐田は、かつてのチームメートに苦しめられました。

 序盤からボールを支配するジュビロは前半11分・右サイドからクロス。相手にクリアされますが、こぼれ球をルキアンがシュート。しかしバーにあたり、ゴールを奪えません。
 すると21分。ジュビロはカウンターから昨シーズンまでチームメイトだった川又にゴールを許してしまいます。
 追いつきたいジュビロは28分。大井からのロングボールに反応した小川航基。このボールは相手に拾われたものの、小川がキーパーにプレスをかけると、キーパーのパスが小川の足にあたり、そのままゴールへ。ジュビロ同点に追いつきます。
 勢いに乗るジュビロは34分。右サイからのクロスに大井。さらに山田。立て続けにシュートを放ちますが、ゴールを奪えません。
 続く35分。千葉にボールを奪われると、かつてジュビロに在籍した安田にドリブルで独走を許し、ゴールを奪われてしまいます。
 ジュビロは後半、千葉の守備を崩せず、リーグ戦5試合ぶりの黒星です。

ジュビロ磐田 FW小川航基:「ジュビロのサッカーは悪くない。手ごたえを感じているが、得点ができないのはFWの責任だと思う。いいサッカーだけでは何も変わらないので、結果を出していかないといけない」

 ジュビロ磐田 1-2 ジェフユナイテッド千葉

画像: 日中の暑さが残る中、プレーした磐田と千葉の選手たち

日中の暑さが残る中、プレーした磐田と千葉の選手たち

This article is a sponsored article by
''.