中野結香アナ:
「静岡市葵区鍵穴に来ています。13日午後0時15分ごろ、焼津市に住む6歳の女の子が藁科川に溺れました」
画像: 中野結香アナ

中野結香アナ

 流されたのは、家族3人で遊びに来ていた焼津市に住む小学1年生の女の子。水中に沈んでいる状態だった女の子を、救助したのは、近くに住む小学生3人組でした。

 その3人から話を聞くことができました。

中野アナ
「こちらの3人が女の子を助けました。まず、明菜さんがおぼれている女の子を発見しました。そして、日順(ひより)さんが女の子の様子を確認しました。そして、蒼(あおい)さんが女の子を持ち上げて助けたということです」

中野アナ:女の子を見つけたのはどのあたり?
小学生:「大きい岩の手前あたり」
中野アナ:みんなが遊んでいるところで、気づいたの?
小学生:「はい」
中野アナ:どんな状態だった
小学生:「川の中に沈んで、目をつぶって口も真っ青、丸まってました」

 3人は、水深数十センチの所で、女の子を発見。すぐに、まわりにいた大人たちに知らせ、流された女の子の父親が、心肺蘇生を行い、意識が回復しました。

 その後、近くの清沢小学校からドクターヘリで搬送され、命に別状は、ありませんでした。

助けた小学生
日順さん(小4):「助かって安心したし、自分も流されたら怖いなと思った」
蒼さん(小4):「これから川に入る時は、注意して、ちゃんと大人の近くで遊ぶほうがいいと思った」
明菜さん(小3):「川で遊ぶときは、注意しながら遊びたいと思いました」

画像: 女児を救助した小学生。左から明菜さん、蒼さん、日順さん

女児を救助した小学生。左から明菜さん、蒼さん、日順さん

画像: 女児がおぼれていた藁科川

女児がおぼれていた藁科川

This article is a sponsored article by
''.