静岡市清水区。6月、閑静な住宅街にある通りで事件が起きました。
画像: ばらまかれた釘

ばらまかれた釘

近隣住民:「道に釘がばらまかれていた」
近隣で働く人:「この辺でばらまかれていた。14〜15本」

路上に釘がばらまかれていたのです。
   
 その釘を車が踏んで、パンクしてしまう被害が相次ぎました。今月12日、釘をばらまいたとして、清水区に住む71歳のパート作業員の男が道路交通法違反の容疑で書類送検されました。6月20日、清水区折戸の路上に釘を10本まいた疑いがもたれています。

 男は翌日の6月21日に、同じ釘を持っていた所を警察官に職務質問され、犯行を認めました。釘のばらまきは過去にも行ったと見られており、防犯カメラに釘をまく男の姿が確認されていた、ということです。

 その釘は、歩道にもまかれていました。

近隣で働く人:「5センチくらいの長さ。トタンに打ち付けるようなスクリュー釘。新品です」

 ここは、生活道路として地域の住民が使う通りですが、近くには大学もあります。清水区折戸は学生が多く住む地域で、書類送検された男は「若者の行動を観察する中で、行儀が悪いと感じ、そのことでイライラして、犯行に及んだ」と供述しているということです。

画像: 道に釘が

道に釘が

取材を続けるとさらに

 さらに、取材を続けると、折戸以外にも被害が出たという情報を聞きました。清水区三保です。折戸の現場から、車で5分の場所。地元の自治会長に話を聞くことができました。 

自治会長:「ずっと奥のホテルがある道の途中まで釘がまかれていた。その脇道にも釘がまかれていた。ここにも(釘が)まかれていた」

スタッフ:まかれていた釘の本数は?

自治会長 「10本ぐらい。その10本が1日に何カ所にもまかれている。」

 この地域では3年ほど前から被害が出たということです。自治会長は、被害が大きくなった去年から釘を持ち帰って写真を撮り、被害状況を記録していました。
 
スタッフ「釘の種類は?」
自治会長「色々あります。電気メッキの釘。黒いスクリュー釘」

 自治会長は、見回りで見つけた釘の情報を、LINEで自治会のメンバーに伝えていました。

釘を踏んでけがをした人もいました。

けがをした人:「スニーカーの上から踏んづけちゃった。スリッパだったら、もっとひどかったかもしれない」

自治会長は釘を見せながら…

自治会長:「6月21日に拾った。これが最後。これ以降ばらまかれていない。折戸で男が確保された日と同じ日」

 警察は、清水区三保のばらまきも、71歳の男が関与しているかどうか捜査しているということです。

画像: 3年前から?

3年前から?

This article is a sponsored article by
''.