18日に静岡県熱海市の県道通称・熱函道路で
キャンピングカーが横転し夫婦2人が死傷した事故で
21日、警察が実況見分をしました。

 道路の勾配やカーブの曲がり具合を測り、
道路に残った痕跡から走行ルートを確認しました。
捜査関係者によりますと、車は緩やかな下り坂を
1・7キロ走った後、道路脇の標識に衝突し横転した
ということです。警察はフットブレーキを過度に使
うことで、ブレーキが効かなくなるべーパーロック
現象やフェード現象が起きたとみています。

画像: 事故の現場

事故の現場

This article is a sponsored article by
''.