夏休みも間もなく終わりです。富士市の富士山こどもの国では、子どもたちが水上ゴザ渡りで夏の最後の思い出を作っていました。

 水の上に浮かべた長さ15メートルのゴザを渡る、夏休み恒例のイベント。

 子どもたちは満面の笑顔で、忍者のように駆け抜けます。それでも中には、途中で止まってしまう子どもも。

 一方、大人は水に落ちないよう、必至に足を動かしクリアしていました。

 このイベントはきょうまでです。

画像: 水上ゴザ渡りで走る女の子

水上ゴザ渡りで走る女の子

This article is a sponsored article by
''.